薬剤師の転職に成功しました

転職は一生に一度の大勝負?

転職は一生に一度の大勝負ではないものの、失敗すればそれなりにダメージがありますし、精神的にも自信を損ねるようなデメリットに結びつきます。
その為、念には念を入れてリサーチをしたり、客観的な情報を兎に角集めて分析に時間を掛けました。
最終候補に残ったいくつかの求人は、どれも魅力的な好条件揃いだったので、あまりにも出来過ぎていると感じました。
これは自分のような人間を釣る罠で、実は本当の条件は別にあるのではないかと半信半疑になりました。
しかし、求人に問題があれば口コミや評判に反映されるはずですから、評価を信じて面接を受けることに決めました。
申し込みの対応を確認しましたが、いずれも違和感や気になったところはなく、むしろ丁寧な対応で安心感が得られています。
今までの気持ちは何だったのかと、求人情報の内容に疑いを持った自分が少し恥ずかしくなりました。
久しぶりの面接なので、当日を迎えると緊張しましたが、新社会人だった頃を思い出し、謙虚な気持ちで臨むことにしました。
鏡の前で身だしなみを整え、質問に対する答えを用意したり、精神状態を整える深呼吸をしてから家を出ました。
移動中は薬剤師のこれまでの経験を思い出し、面接の風景をイメージしながら、質問と回答をシミュレーションしています。
呼ばれて入室して挨拶を済ませ、定型的な受け答えの後に転職の動機や選んだ理由を答えました。

インターネットで転職の口コミ情報が簡単に手に入ります転職は一生に一度の大勝負?転職が成功したのは、、